2019年3月25日(月)■ 「多賀結いの森」が完成しました

多賀の食材を使ったフードスケープ

多賀町中央公民館「多賀結いの森」のオープンです。
多賀町産の木材を使ったあたたかい雰囲気の公民館が出来上がりました。
3月23日にオープニングイベントが開催され、多くの人でにぎわいました。

大人も子どもも、誰もが気軽に立ち寄り、語らい、学び、つながれる、 そんな場所を目指してできた「多賀結いの森」のスタートはとても アットホームなイベントでした。

多賀の食をテーマにし、多賀町の形に飾られたジオラマは多賀の豊かさを感じさせてくれました。
清酒「多賀」の樽も登場し、生けられた梅が春らしく華やかでした。
この樽のように多賀町を盛り上げていく多賀株式会社でありたいと思います。

写真:多賀の食材を使ったフードスケープ

担当:中川

2019年3月18日(月)■ ご城下にぎわい市が始まりました!

ご城下にぎわい市限定桜ラベル

3/16(土)~5/6(月)まで彦根城の金亀児童公園特設テントで ご城下にぎわい市が開催されます。
また、3/30(土)~4/18(木)まで彦根城桜まつりも行われます。
夜にはライトアップもされ、夜桜もお楽しみいただけます。

多賀では、ご城下にぎわい市と桜まつりに合わせ、 ご城下にぎわい市限定桜ラベルのお酒を販売しております。
彦根城も描かれており、宴会やお土産、彦根城に来た記念など にピッタリです。ぜひお立ち寄りくださいませ。

写真:ご城下にぎわい市限定桜ラベル

2019年3月11日(月)■ 明智光秀ゆかりの地

明智光秀ゆかりの地

多賀町は岐阜県と三重県と接する場所なので、 歴史を知るととても重要であったことがわかります。

今話題の明智光秀が多賀町佐目に住んでいたそうです。
佐目には、昔から十兵衛屋敷跡といわれていた場所がありました。
『淡海温故録』に明智十左衛門尉がここに暮らしたと書かれています。
十左衛門尉が落武者として逃げてきて、その子である光秀が 佐目「十二相神社」のそばで育ったと伝わってきました。

光秀が本能寺の変の4日後に多賀社への禁制を出しているというでも 多賀と光秀の深い関係を知ることができます。
「ふるき好み」で山崎の合戦に犬上衆が参戦したということもわかってきました。
いろいろなことがわかってくると興味が湧きますね。

歴史があり、おいしいお酒がある多賀へぜひいらしてください。

写真:明智光秀公口伝の地十兵衛屋敷跡                                 担当:中川

2019年3月4日(月)■ しぼりたて原酒があと少しです

会社の回りに出ているふきのとう

寒くなったり、暖かくなったり寒暖差のある日が続きますね。
体調には皆様もお気を付けください。

人気のしぼりたて原酒が今月いっぱいの販売となります。
4月に入ると火入れ原酒になりますので、 ご入用の方はお早めにご注文いただきますようお願いします。

会社の周辺にふきのとうが出てきました。
これから山菜が次々に出てきますね。
自分で取りに行った山菜を 天ぷらやお浸しにしてお酒を一杯いかかでしょうか。

写真:会社の回りに出ているふきのとう

2019年2月25日(月)■ 暖かくなりました

水族館のケープペンギン

暖かい日が続きますね。
春の花も咲き、鳥の鳴き声もよく聞こえてきますね。
私の苦手な虫も出てきて春の訪れを感じています。
4月に入ったら桜が咲くので、楽しみです。

先日水族館に行ってきました。
オットセイには爪があるらしく見てみようとじーっくり観察しましたが 見つける事はできませんでした。
ちなみにその爪は獲物を捕らえるのに使うのではなく 毛づくろいやかゆいところをかくためにあるみたいです。
水族館に行く機会があればぜひ観察してみてください。

写真:水族館のケープペンギン

2019年2月19日(月)■ 送料に関するお知らせ

オオイヌノフグリ

いつも通販をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度弊社が提携しております運送会社より送料値上げ要請があり お客様には大変心苦しいお願いとなり誠に恐縮ではございますが 送料無料基準を改定させていただく事となりました。

今後もお客様にご満足いただけるよう、品質の向上、サービスの充実に努力する所存です。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

実施時期:平成31年3月1日注文・出荷分より

改定内容: 改定前…発送先1件あたりの商品価格が3000円以上お買い上げで送料無料
      改定後…発送先1件あたりの商品価格が5400円以上お買い上げで送料無料

送料:700円+税

その他ご不明な点がございましたらお手数ですが、弊社までご連絡をお願いいたします。

写真:会社の花壇に咲くオオイヌノフグリ

2019年2月12日(火)■ 近江の新酒きき酒会

フトアゴヒゲトカゲ

今回は入社2年目の三輪が担当します。
初めてお知らせを任されて緊張しています…

2019年3月21日(木・祝)にびわ湖大津プリンスホテルで 滋賀の地酒のきき酒会があります。
県内の33蔵が参加し、試飲・購入もしていただけます。

平成28年3月に「近江の地酒でもてなし条例」が制定され、 近江の地酒で遠来のお客様をもてなそうとする取り組みが 行われています。
多賀も参加しますので、ぜひご参加ください。
前売りは当日券よりも安く購入できますので 下記のリンクからご確認ください。

https://shiga-jizake.net/festa/

写真:ペットのフトアゴヒゲトカゲ

2019年2月4日(月)■ 立春です

立春です

今日は立春、ちょうど獅子舞がきてくれました。
山本長太夫一座のみなさまが、多賀町の各集落を回って、 家内安全や商売繁盛などを願って舞ってくださいます。
笛の音や太鼓の音に春の訪れを感じます。
今年一年、無事過ごせますようにと頭も噛んでもらいました。

蔵ではタンクの中でプクプク育つ大吟醸にドキドキの毎日です。
健やかに、元気に、穏やかにといろいろな思いで見守ります。
成長する様子を見守るのは子どもを育てるようですね。

『パ酒ポート 近江の地酒版』を片手に訪ねてくださる方も増えてきました。
お多賀さんにお詣りした帰りに寄ってくださいます。
季節限定のしぼりたて原酒が人気です。今だけのお酒はおすすめです。

写真:会社に来てくれた獅子舞

2019年1月28日(月)■ 雪景色

田んぼで見つけたセグロセキレイ

雪が降ると、空気が澄みきって山々が幻想的に見えます。
四季がある日本の景色は本当に美しいですね。

セグロセキレイが、雪が積もった田んぼで忙しそうに動き回っていました。
以前はジョウビタキやヒレンジャクなどの姿をよく見かけたのですが、最近、あまり見かけません。
こんな田舎でも宅地造成や、護岸工事が進み環境が変わっています。
鳥たちが住みやすいところを守っていくことは人間にとっても大切だと思います。

大吟醸の2本目の仕込みが完了しました。
寒い季節、朝早くからの作業は大変ですが、凛とした空気がいいお酒の誕生を感じさせてくれます。
1本目のタンクをのぞくと、フルーティな香りが広がります。
お米からこのような香りがうまれるというのは日本酒のすごいところですね。
そんな日本酒を造ってきた先人たちの知恵に感心します。

写真:田んぼで見つけたセグロセキレイ

2019年1月21日(月)■ 成人の記念植樹

成人の記念植樹

中村さんと三輪さんが、成人記念にヤマボウシの樹を植えました。
若い社員が加わって活気があふれる多賀株式会社です。
会社の看板がよく見える井戸のそばに植えられたヤマボウシの成長が楽しみです。

今、多賀は、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公明智光秀の話題で盛り上がっています。
多賀町佐目で光秀が生まれたということがいろいろな角度から検証されています。
そこからわかる多賀の歴史は奥が深く、広がりがあります。
ロマンがあふれる話がいっぱいで、ぐいぐい引き込まれます。
地域の歴史文化を、みんなで発掘し、発信していきたいと思います。

写真:植樹をする新成人社員

2019年1月15日(火)■ 則本兄弟が楽しみです

多賀町役場の垂れ幕

多賀町は人口が7553人の小さな町です。
ここから2人目のプロ野球選手が誕生しました。
則本佳樹(のりもとよしき)選手は則本昂大(のりもとたかひろ)選手の弟です。
東北楽天ゴールデンイーグルスで兄弟の活躍が楽しみです。
2人が卒業した大滝小学校は小人数なのでみんなが力を合わせてがんばっています。
そんな中で切磋琢磨しながら育った2人の活躍を期待します。
過疎が進む町に明るい希望が広がります。

11日に仕込んだ多賀の大吟醸も健やかに育っています。
蔵人みんなが愛情を注ぎながら大切に見守ります。
プクプクと答えてくれる醪はきっとおいしいお酒になることしょう。

写真:多賀町役場の垂れ幕

Copyright(c) 2016 Taga Inc. All Rights Reserved. Design by http://www.sakenotaga.co.jp